Blogブログ

無意識にお目元を触る癖の方へ、エクステを付けて意識を変えませんか。

お目元周りやまつげを無意識のうちに触ってしまう癖や、
花粉症やアレルギーでお目元をこすってしまう方も多いのではないでしょうか。

また、目がかゆくて、意識のある日中は我慢できても、
就寝中などの無意識の時に擦ってしまう方もいらっしゃると思います。

マツエクにとって目元周りを触ることは、避けていただきたい行為の一つです。

なぜなら、目元周りを触ったり、こすったりするとまつげに負担を与えてしまい、
切れ毛や抜け毛などにもつながり、そしてエクステが乱れる原因にもなります。

そうした目元周りをこすってしまう方へ私からのマツエクデザインの提案としまして、
エクステの付ける位置をずらすことをおすすめいたします。

ずらすというのは、よくこすってしまう箇所の目頭、目尻にエクステを付けないようにあけて付けることです。

あと、エクステの長さや太さ選びも重要です。

実際アンリーのお客様からは
今まで無意識にこすっていて、目の周りがかぶれてしまう事に悩まされていましたが、
エクステを付けだしてから意識的にこすらないように、触らなくなり肌トラブルがなくなり助かっています。
とのお声をいただいております。

誰にでも無意識のクセというのはあると思います。

お目元周りを触ることも絶対にやめてくださいとお伝えしてもなかなか癖をやめることって難しいですよね。

またマツエクは皮膚に直接お付けるわけではなく、まつげにお付けいたしますので、
エクステを付けていることを忘れてしまい、無意識にこすってしまうこともあると思います。

ですので、クセを改善できるようにケアや対策を考えて、
ストレスなくマツエクライフを快適に過ごしていただけるようにお手伝いができればと思っております。

私は、少しでもあなたのお役に立てるようにアドバイスや付け方を工夫いたします。

お気軽にご相談くださいませ。

関連記事